面白い!?ゲームのシナリオを考えよう!

意外性と期待性のバランスについて考える

ゲームのみならず、意外性と期待性とは、人の心理に大切な要素と言われています。意外性と言うのは、新しい刺激や、新しい考え方など思ってもいない様な内容です。期待性と言うのは、意外性の反対となりまして、既に持ち合わせている知識や刺激を現した言葉です。意外性と期待性は、相反する内容ですが、人の心理にはとても大切な内容なのです。
意外性ばかりの内容であれば、頭は、理解できなくてストレスを与えかねません。新しい刺激が無く、期待性ばかりですと、つまらない内容になってしまいます。ゲームは、コンテツの内容によってもユーザ層が変わってきますが、どのジャンルにおきましても、この二つのバランスについて基本を押さえておく事も重要です。

興奮と抑制のバランスも大切

ゲームの内容の多くは、興奮させる内容が多くありますが、より楽しいゲームを目指すのであれば抑制について考える事がもポイントです。アニメのオープニングの多くは、興奮させる様な音楽を取りれている事も多くありまして、エンディングは、興奮をした心を抑制させる様な音楽が取り入れられる事も多くあります。
興奮と抑制と似たような言葉に、喜怒哀楽と言う言葉があります。いかりの怒は、怒りによって悪を倒す様な、シナリを取りれるのも一つの方法です。ゲームがつまらない事から起きる怒には、注意を払う必要性もあります。
ゲームを行うのは、ロボットでは無く、人が楽しむために行います。喜怒哀楽を表現をした内容は、映画、ドラマ、小説など数多くあります。それらを参考にするのも良いでしょう。自身が持つ価値観は、必ず万人の心を満たす内容だと思わない事です。様々な人の価値観や考え方を知り、それらを肯定しながら自身の視野を広げて行く事も時には重要なのです。